健美齢のカイロ担当者はRMIT大学日本校を卒業しております。安全で効果的なカイロプラクティックを受けられます。市川駅ダイエーのカイロ(整体)は健美齢。夜は7時まで開院。肩こり、腰痛等ご相談ください。|女性カイロプラクターのブログ|千葉県市川市市川1-4-10 市川ビル9階|健美齢カイロプラクティック

こんにちは!

市川駅1分 健美齢カイロプラクティックです🌼

一日中立ち仕事をしていたりデスクワークで座りっぱなしだったりすると、夕方になって靴がきつくなる、という女性は少なくありません。指で押すとその跡が少しの間残るほどパンパンになってしまうこともあります。

このような「むくみ」は医学的には浮腫(ふしゅ)といいます。

 

足のむくみはさまざまな原因で起こります。

病気が原因以外の一過性のむくみは、立ちっぱなしや座りっぱなしといったように、長時間に渡って同じ姿勢を続けていることで、足の筋肉のポンプ作用を使わないことが要因として挙げられます。

筋ポンプ作用とは、筋肉の収縮で静脈を圧迫し、血液を搾り出すようにして心臓に戻す機能のことです。

女性は男性と比べて筋肉量が少なく、さらに体が冷えやすい上に、ホルモン(黄体ホルモン)の影響もあってむくみが起こりやすいです。

加齢のため筋肉が衰えることによってもむくみやすくなります。

筋ポンプ作用を維持するためにも、運動を定期的に行い、筋肉を維持する必要があります。

水を飲むとむくみやすいと思って水分補給を控える方がいますが、それは間違いです。体内の水分量がいつもギリギリだと体は水分をため込もうとしてむくみにつながります。

また、骨格のゆがみや筋肉の過緊張によりむくみが起きやすくなります。

これまで述べたように、むくみの大きな原因は血流の低下です。筋肉が過緊張して硬くなると血管を圧迫してしまい、その結果血行が悪くなってしまいます。また、骨格のゆがみは筋肉のアンバランスを生じ、筋肉の過緊張につながります。

以上のことを踏まえて、足のむくみ予防として次のことが有効です。

日頃のこまめな水分補給や歩行

定期的に姿勢を変えたり立ったり歩いたりして、足の筋肉を動かす

基礎疾患や原因となる疾患(肝臓,腎臓など)があれば、その治療

健美齢カイロでは、一過性のむくみでしたら、カイロプラクティックで関節と筋肉を整える施術をメインに行います。骨盤と脚の関節を矯正しゆがみを整えることで筋肉が正常にはたらきやすくなります。筋肉が正常にはたらくと、筋ポンプ作用が改善し、血液の流れが良くなります。

その他、日ごろ行えるエクササイズやストレッチなどのアドバイスもさせていただきます。

森田葉子